無人航空機の安全航行を行政書士がサポートします。

申請が必要なケース

無人航空機(ドローン)の飛行にあたり申請が必要かどうかは、

  1. 機体
  2. 飛行場所
  3. 飛ばし方

の3点により判定できます。

なお、室内で飛ばす場合は申請の必要はありません。

1. 機体

・機体重量が200g以上

重量200g未満の無人航空機は許可・承認申請は必要ありません。

2. 飛行場所

・近隣に飛行場がある

・人口集中地区に指定されている

・150m以上の高さで飛行させる

上記に当てはまる場合は、飛行許可申請が必要です。

3. 飛ばし方

・夜間飛行をする

・遠距離、遮蔽物などで、肉眼で機体を直接確認できない場所を飛行させる

・人や物の近く(30m以内)を飛ばす

・催し物、お祭りなど人が多く集まる場所で飛ばす

・危険物を運搬する

・物を投下する

上記に当てはまる場合は、飛行承認申請が必要です。

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 011-852-9396 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © さくらんぼ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.