無人航空機(ドローン)の飛行にあたり申請が必要かどうかは、

  1. 機体
  2. 飛行場所
  3. 飛ばし方

の3点により判定できます。

なお、室内で飛ばす場合は申請の必要はありません。

1. 機体

・機体重量が200g以上

重量200g未満の無人航空機は許可・承認申請は必要ありません。

2. 飛行場所

・近隣に飛行場がある

・人口集中地区に指定されている

・150m以上の高さで飛行させる

上記に当てはまる場合は、飛行許可申請が必要です。

3. 飛ばし方

・夜間飛行をする

・遠距離、遮蔽物などで、肉眼で機体を直接確認できない場所を飛行させる

・人や物の近く(30m以内)を飛ばす

・催し物、お祭りなど人が多く集まる場所で飛ばす

・危険物を運搬する

・物を投下する

上記に当てはまる場合は、飛行承認申請が必要です。